(^-^)/ 励みになります。ポチッと応援してください
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ
現在、ブログの相互リンクのお誘いは管理人の多忙につき、お断りしています。申し訳ありません。

ダイエットこぼれ話

              
        

気をつけたい。シナモンの話

category - ダイエットこぼれ話
2011/ 01/ 04
                 
毛細血管の老化を防止する効果があるシナモン。
わたしもほぼ毎日、トースト にかけていますが、過剰に摂取すると健康被害が出るという注意喚起が出ています。

『世界一受けたい授業』で、シナモンの毛細血管への老化防止の効果を説明された高倉伸幸先生が推奨している摂取量も1日当たり0.6g

実は日本でスパイスとして売られているシナモンにはいくつか種類があります。
スリランカ産のセイロンシナモンと中国産、ベトナム産のカシア。(他にもあると思いますが……。中国産、ベトナム産のカシアは、シナモンとは別物ですが、通常、売られている場合はシナモンと表記されています)
シナモンやカシアはクマリンという成分を含有しています。

そのクマリン。名前はかわいらしいのですが、過剰摂取すると肝障害を引き起こすのです。
なので、大量に摂取するのは身体に良くありません。

ドイツ連邦リスクアセスメント研究所がシナモンの過剰摂取は健康リスクを否定できないとして注意喚起しており、それを受けて、日本の国立健康・栄養研究所でも安全情報・被害関連情報を出しています。

ドイツのBfRがシナモン中のクマリンについて警告

クマリンの含有量はスリランカ産のセイロンシナモンに比べ、中国産カシアで41倍、ベトナム産カシアでは385倍です。

その値の違いにビックリ Σ(- -ノ)ノ

特に妊婦の方はシナモンの香気成分であるシンナムアルデヒドも胎児に悪影響をおよぼすという話が出ているので、過剰摂取は本当に要注意。

どんなに良い薬だって、飲みすぎれば『毒』ですから。
わたしもこれを知った時はムンクの叫び状態。
今は、スリランカ産のセイロンシナモンを取っていますが、昔、ベトナム産のカシアをかけていたんですよね。

とにかく、過剰摂取しないように、気をつけようと思います。

            
スポンサーサイト
            
励みになります。ポチッと応援してください <(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ


                                  
        

夜更かし・寝不足はダイエットの敵と思え!

category - ダイエットこぼれ話
2010/ 03/ 14
                 
久しぶりに『ダイエットこぼれ話』の更新です。
これはこの頃、ずぅ~と夜更かししている自分への戒めでもあります

前にダイエット日記の57kgを切れず、ちゃんと寝なきゃいけないな……。でも書いたのですが、夜更かしと寝不足はダイエットの敵です。

まず、夜更かしがいけないのは、

成長ホルモンがもっとも大量に出る時間帯が、午後10時~午前2時の間だからです。

成長ホルモンは、骨や臓器の形成や筋肉の成長、修復させる働きがあり、ダイエッターの敵、脂肪を分解してくれる脂肪分解酵素リパーゼの量を増やすという働きも持っています。

午後10時~午前2時の時間帯は、活発に分泌された成長ホルモンにより、身体の修復が行われる時間であり、成長ホルモンは、寝ている時にもっとも分泌されるのです。

そのため、午後10時~午前2時の間に寝ていないと、ダイエットはもちろん、美容や健康に暮らしていくためにも、いいことはありません。写真:睡眠中。でも寝ている時は、化粧は落とそう!

さすがに、わたし達大人が、午後10時に布団に入っているのは難しいですが、0時までには寝たほうがいいと思います。

子供さんはその時間帯までに眠っていないと、成長を妨げることになりかねません。
『寝る子は育つ』という言葉は本当です。


次に寝不足。

前に、寝不足だと胃からグレリンというお腹空いたという信号が出て、食べ過ぎちゃうと書きましたが、実は、それだけではないのです。
寝不足になると、レプチンという食欲を抑えるホルモンの量も減ってしまうのです。

食欲を促進するホルモンが増え、食欲を抑えるホルモンが減る。
最悪です。

アメリカのスタンフォード大学の研究チームが、1000人を対象に実施した調査によると、いつも5時間以下の睡眠しか取らない人は、常に8時間寝る人に比べ、グレリンの濃度は平均で14.9%多く、レプチンは15.5%少なく、また、肥満度の指標であるBMI指数を使って、統計をまとめると、睡眠時間の少ない被験者の方が、体重が多かったということです。

レプチンとグレリンの変化は、一晩、寝不足になっても起こるそうなので、わたし、かなり、まずいです。

そして、下の表は、アメリカのコロンビア大のチームの調査の結果ですが、
32~59才の成人で、睡眠時間の短い人は、7~9時間寝ている人に比べて肥満になる確率が高かったそうです。

睡眠時間肥満になる確率
4時間以下73%
5時間睡眠50%
6時間睡眠23%


夜更かしも怖いけれど、寝不足も怖いです。


                         
励みになります。ポチッと応援してください <(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ


                                  
        

たんぱく質を取らないと……。

category - ダイエットこぼれ話
2010/ 02/ 20
                 
ダイエット中、お野菜だけでなく、お肉やお魚などのたんぱく質の多い物を食べていますか?
ダイエット中はたんぱく質にも、気を配ったほうがいいそうです。

わたしは短期決戦ダイエットで、痩せにくくなってから、調べたんだけど、野菜はビタミンなどの補酵素やミネラルも補給出来るけど、たんぱく質は、豆類なんかは別として、栄養素を吟味して選ばないと、補給しにくいみたいです。

写真:肉いろいろ筋肉や皮膚、消化酵素、ホルモンもたんぱく質から出来ていて、おまけに栄養が不足している時やたんぱく質が足りない時は、自分の筋肉を分解して融通するんだって。

こ、怖い


だから、極端な食事制限をしたダイエットで痩せると、筋肉が減った上に、エネルギー効率の悪い身体になって、リバウンドしやすい。

確かに短期決戦ダイエット中のわたしは、カロリー重視で野菜ばかり食べていて、たんぱく質のことなんて、考えなかった。
救いは牛乳や納豆、豆腐が大好きだったこと。よく食べていたから、多分、補給されていたと思うけど必要量は取れていなかったはず。

それだと、ダイエットの一環で筋トレ しても、たんぱく質がないから、筋肉はつかない
今思うと、前のダイエットの仕方で良く痩せたなぁ
昔、ダイエットしている時の肌の調子は今一つ。
今は、ダイエット中も、たんぱく質に気をつけているおかげか、お肌の調子がいい

なぜなのか、若い頃よりも。
昔の方がお肌に付ける化粧品にはお金 かけてたのに……。

ちょっと、不条理を感じる今日この頃。


                         
励みになります。ポチッと応援してください <(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ


                                  
        

やる気を出すためにのアイテムだそうです……。

category - ダイエットこぼれ話
2010/ 02/ 15
                 
ダイエットをしている話をしたら、友達から、やる気を出すためのアイテムとして、
フランツ・ヴィンターハルターが描いた
美貌の皇妃エリザベート・アマーリエ・オイゲーニュの肖像画をもらいました。

バイエルン公女として生まれ、姉姫の見合い相手だった皇帝に見染められ、
16歳でオーストリア皇妃になった彼女は身長172センチ、体重50キロ。
ウエストは、50センチ。
BMIは16.9とかなり細身の女性。

痩身に凝って、8時間もぶっ続けで歩いたり、宮殿の天井にスポーツ器具をつけてしまった皇妃さま。
かなり極端な食事療法もしているのだ。

ちょっと言うか、かなり、わたしの目指すダイエットとは違うが、
これくらいストイックにがんばれという意味なのだと思おう……。

オーストリア皇妃エリザベートの肖像画

ダイエット法は真似したくないけれど、美しくあろうといつも努力した姿勢は、
同じ女として見習いたいと思う。


                         
励みになります。ポチッと応援してください <(_ _)>
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ